ストレイバード はぐれ鳥の止まり木

瀬戸市の読書コミュニティスペース ストレイバードの日記です。主に昭和の微妙な本、珍本、奇本を中心に紹介しています。

不倫でCMを降板させられる理由を考えてみた。書評「テレビは見てはいけない 脱・奴隷の生き方」

f:id:ngyblog:20171221003101j:plain



 

こんにちは。

 

え〜、世間というのは他人を何かとステレオタイプに判断しがちでして、

 

学者は生真面目で堅苦しい人

 

スポーツマンは裏表がなくて努力家

 

清楚な印象の美人は綺麗な恋愛をしている

 

アニメオタクはデブで根暗で不潔

 

なんて感じで、職業や趣味、見た目の印象で受ける一般的なキャラクターイメージってあるじゃないですか。

 

もし、あるある!って思ったら、あなたはテレビに完全に刷り込まれていますよ。

 

番組を流す側が、流したものを視聴者に簡単に面白いと思わせたければ、視聴者の頭に見たものの第一印象とキャラクターイメージがワンセットで反射的に思い浮かぶようにしておけばいいんです。

 

CMだって、特定のタレントが清潔でいい人なイメージを先に視聴者に刷り込んでおいてからCMで起用すれば、商品のイメージを上げて売れやすくすることができるでしょ?

 

そうじゃなきゃ、視聴者の人生にはまるで関わりのないはずのタレントが不倫したくらいで即日CMの放送を中止にする必要なんてないじゃないですか。

 

どうして慌てて中止にするのか?

f:id:ngyblog:20171221003513j:plain

 

やっぱり、視聴者のあなたの中にせっかく構築されたステレオタイプなタレントイメージが壊れてしまって、簡単に商品が売れなくなるのを恐れているからですよ。

 

そのタレント1人のイメージが商品と合わないからじゃなく、一般人を含めたその他大勢に付けたラベルが崩壊するほうが1人のタレントの商品価値が崩壊するより損害が甚大だからですよ。

 

 

どうですか?

そんな視点からテレビを観ると、出演しているタレントはみんな、スポンサーに動かされるただの人形に見えてきますよね。

 

そんなタレントがテレビで本音を話しているわけがないじゃないですか?

 

テレビは、流行を起こしやすくするために、視聴者へ意図的にステレオタイプな認識の仕方を刷り込んで、アホに育てる装置です。

 

だから、テレビはしっかりと考えた上で観ないといけないんですよね。

 

どうしても観るなら斜に構えて観ないと、簡単に騙されますよ。

 

私ですか?

お笑い番組が大好きです。

 

f:id:ngyblog:20171221001722j:plain

苫米地英人

テレビは見てはいけない 脱・奴隷の生き方

 

 

straybird.hatenablog.com

 

straybird.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 本ブログ 本・読書情報へ
にほんブログ村