ストレイバード はぐれ鳥の止まり木

瀬戸市の読書コミュニティスペース ストレイバードの日記です。主に昭和の微妙な本、珍本、奇本を中心に紹介しています。

読書記録

これは真実の話なのだろうか?[秘境の女 4 ハレム潜入記]

こういう本との出会いがあるから、古本屋に行きたくなるんだよね。 秘境の女 4 ハレム潜入記 著者:C.サイクス夫人 翻訳:清水正二郎 編者:秘境調査協会 発行所:難波書房株式会社 初版発行:昭和42年(1967年)3月5日 ただし、発行年月日は初版発行日か不…

レトロの定義ってなんだろう?[コンドーム自販機を巡る旅]

コンドーム自販機・・・・ それは思春期の青年にとって、街の中で近寄りがたい聖地だった。 コンドーム自販機を巡る旅~コンドーム自販機もレトロガジェット 作者:ヒラタ 印刷:株式会社 RED TRAIN -ONE BOOKS- 初版発行:2017年3月26日 コンドーム自販機を…

本屋ではなくても、あなたが憧れていた仕事を実現させたいなら参考にしたい一冊[これからの本屋読本]

いいよ、いい。 この本は印刷出版業の矜持を感じる。 こんなデザイン、今時の印刷会社でよくできたものだ。 まだ、職人気質な社員が残っている印刷会社だったのだろう。 コストばかり気にして人材派遣社員を増やし、熟練社員を軽んじてきた会社にはなかなか…

1980年代のインフルエンサー[高橋名人のゲーム35年史]

40代のおじさんで、この人を知らない人はいないでしょ。 と言うか、 連射の練習をしなかった人なんているの? って感じじゃないですか? そんな当時の子供に影響を与えまくった、今風にいえば インフルエンサー の本です。 高橋名人のゲーム35年史 意外な事…

[デザイン原論]と浪人生とはぐれものの生き方

10代最後に出会った、ボクの人生観を変えた1冊です。 デザイン原論 [はぐれもの] [浪人生の運命の出会い] あなたのままで、いいんじゃない? デザイン原論 著者:河北秀也 出版社:新曜社 初版発行:1989年5月15日 こんにちわ〜。 地下鉄に乗るために改…

2020年以降の生き方を考えるのに参考にしたい1冊[非属の才能]

集団に馴染めず苦しんでいて、何か苦しみから解放される方法はないか? と悩んでいる人がいるなら、まずはこの本を読んでほしいと思います。 非属の才能 著者:山田玲司 発行所:光文社 初版発行:2007年12月20日 いやはや、この本は2007年に出版されたもの…

クリエイティブ脳になりたければやってみよう![観察の練習]

観察の練習 著者:菅俊一 発行所:NUMABOOKS 初版発行:2017年12月1日 本書は、著者が違和感や意外に感じた風景を写真に撮り、その風景から普段は当たり前に感じて見過ごしていることや、思い込み、「ある工程を踏んだことによって起きてしまったんだろうな…

魚が消えた瀬戸内海を生き返らせた救世主とは![里海資本論]

私は香川が好きです。 香川へ行って整った商店街をブラブラし、うどんを食べ、仏生山で温泉に入り、また街をブラブラする。 そして、気が向いたら船に乗り、瀬戸内海の島をブラブラ・・・ そんなのんびりが許されるような雰囲気が、香川にはあります。 本当…

現在も色褪せないユーモアと風刺[虫類図譜(全)]

大人になるというのはある意味、臆病になるということなんですよね~。 なんだかんだと言い訳したり、上から目線で否定したりするけど、それって心のどこかで臆病なところを隠している表現だったりするんですよね。 その人自身、そんな感情に気づいていなか…

オススメの1冊!あなたは何に応用する?[コアチョコ流Tシャツブランドの作り方]

誰だって、右ならえ右したくない人だって、会社に依存しなくたって、人間関係が苦手な人だって、当たり前の生活ができる方法があったっていいじゃんよ〜〜〜〜!! ねえ? そうは思いません? 時代は大きく変わってきているはずなんですけど、人の中に飢えへ…

日陰の熱狂。昭和が創ったもう一つの時代。[裸の巨人 宇宙企画とデラべっぴんを創った男 山崎紀雄]

裸の巨人 宇宙企画とデラべっぴんを創った男 山崎紀雄 双葉社 著者:阿久真子 初版発行:2017年8月9日 デラべっぴん 団塊ジュニア世代の男なら、知らない者はいないくらいに有名な雑誌ですよね。 1985年ごろ創刊されてから1990年代後半になると、AVはすでに…

躍進の裏にあるドロドロ、ではなく瑞々しい影。[目を合わせるということ]

[BiSH] ブログ村キーワード 目を合わせるということ シンコーミュージック 著者:モモコグミカンパニー 社販発行:2018年3月7日 みなさん、BiSHを知っていますか? 詳細はウィキペディアに譲るとして、 2015年に結成されたアイドルグループです。 BiSHは[Bra…

未確認だからこそオカルト界のカリスマなのだ!書評?[UFO手帖 UT2.0]

UFO手帖 UT2.0 Spファイル友の会 初版発行:2017年11月 (中野ブロードウェイのタコシェで購入したため、一般書店にあるか不明) すごいなあ、UFO。 未確認飛行物体なのに、めちゃくちゃ情報があるじゃん。 UFO手帖だけでも、厚みが1cmもあるんですよ。 その…

オカルト知りたけりゃ、識字率より識文率が必要?「オカルティスト養成講座(ギブス)」

[オカルト] ブログ村キーワード オカルティスト養成講座(ギブス) 廣済堂出版 著者:安芸智夫 初版発行:1994年7月15日 講座と書いてギブスと読ませるあたり、オタク心をくすぐりますよねえ。 この本は平成に出版された本です。 なのに、読んでいると登場す…

あなたの足元だって、いつ底が抜けるかわからない。「貧困とセックス」

貧困とセックス イースト新書 著者 中村淳彦 鈴木大介 初版発行:2016年8月15日 この本を元に話をするのはリスクがあるなあ、と感じながら今書いています。 なぜなら、この本で指摘されているように、私自身も貧困層のことをリアルに感じられる場所で生きて…

ブル!アジャ!北斗!激しく、眩しすぎたあの時代。「女子プロレス 絢爛の90年代」

90年代の女子プロレスなんて、深夜に全女の放送があるときはビデオに録画しておいて、何度も観るくらい夢中になってましたよ。 個人的にアツかったのは、やっぱり北斗晶と豊田真奈美、そしてブル中野ですね。 この本は、女子プロレスが一番激しくて異常な輝…

最新研究でわかった、脳を鍛えるのに最も簡単な方法。書籍「一流の頭脳」

[脳研究] ブログ村キーワード 脳の研究は、日々猛烈な勢いで進んでいますが、それでもまだ、ようやく脳の秘密の入り口に立ったところなんだそうです。 五年くらい前は脳研究の本をよく読んでいたのですが、最近はご無沙汰で。 久しぶりに読んだのが、この本…

なんだったら、オレの殺人技フルコースをごちそうしてやろうか。[大熱狂!プロレスを10倍楽しく見る方法]

大熱狂!プロレスを10倍楽しく見る方法 ワニブックス 著者:アブドーラ・ザ・ブッチャー 訳:ゴジン・カーン 初版発行:昭和57年8月20日 アントニオ猪木やジャイアント馬場がバリバリの現役だった頃。 ジャンボ鶴田がまだ若手の甘ちゃん扱いをされていた頃。…

現代小市民の最大のテーマじゃない?「はたらかないで、たらふく食べたい」

はたらかないで、たらふく食べたい「生の負債」からの解放宣言」 著者:栗原康 タバブックス まったくもって、これこそが現代に生きる人間の最大のテーマだろうねえ。 会社員をまじめにやっていると理解できなくなるのだけれど、月給は労働力の対価では決し…

40代が2020年以降を考えるうえで読んでおきたいマンガ 「ホモ無職、家を買う」

ホモ無職、家を買う 原作:サムソン高橋 作画:熊田プウ助 こんにちは〜。 今の個人的な重要テーマが、 2020年以降、40代はどうやって生きていくか? というものなんですが、みなさんは何か考えていますか? どうしてこんなことを考えているかというと、AIが…

ドリフとウーマン・リブと笑わせ屋入門

近ごろは、ひとつジョーダンを言うにも気を使う世の中で、 なんだか息苦しいですなぁ。 なんでこんなに、粘着質な性格の人優位の世の中になってしまったんでしょうねぇ? お酒なんてもう、付き合いの長い友人以外とは怖くて飲めないですよ。 MeTooの流行にし…

ビジネスマン向けの自己啓発書かな?ノストラダムスの超法則 死活の書

今、40以上の年齢の人は覚えていると思いますが、 ノストラダムスの大予言は、当時大ブームになりましたよね。 このブームって爪痕の残し方がエゲツなくて、1973年11月に出版してから約3か月で100万部を突破したあと、なんと1995年にオウム真理教の事件によ…

不倫でCMを降板させられる理由を考えてみた。書評「テレビは見てはいけない 脱・奴隷の生き方」

こんにちは。 え〜、世間というのは他人を何かとステレオタイプに判断しがちでして、 学者は生真面目で堅苦しい人 スポーツマンは裏表がなくて努力家 清楚な印象の美人は綺麗な恋愛をしている アニメオタクはデブで根暗で不潔 なんて感じで、職業や趣味、見…

昭和の編集者のノリを感じる「ジャッキー・チェン自伝 愛してポーポー」

本の紹介「愛してポーポー」 こんにちは。 ジャッキー・チェンは、日本人には好きな人が多いですよね。 個人的には、ポリスストーリーやプロジェクトAより酔拳のイメージが強いかな。 出川哲朗さんが内村光良さんを「チェン」と呼ぶのも、内村さんがジャッキ…

書かれていることは他人事ではありませんでした。「アメリカンドリームの終わり あるいは、富と権力を集中させる10の原理」

こんにちは。 今回の本は、意外と多くの人が 「アメリカの今の話か。別に今読まなくてもいいか。」 と、スルーしているんじゃないかなと思っているのですが、どうでしょうか? アメリカンドリームの終わり あるいは、富と権力を集中させる10の原理 著者:ノ…

畑や動物園で子供にこんなウンチクが話せたらカッコイイよね。「波紋と螺旋とフィボナッチ」

本の紹介「波紋と螺旋とフィボナッチ」 こんにちは。 今年(2017年)は瀬戸で畑をやってみたんですよ。 トマトにゴーヤ、小松菜にカボチャ、ナスに枝豆・・・、とりあえず手に入った野菜の苗を植えて初めての野菜栽培を四苦八苦しながらやってみました。 野…

男を磨く169の作戦は、現代の悩める男子にも発見のオンパレード

男を磨く っていう表現は、子どもの頃からよく聞くワードでしたよね。 マンダムは、最近ではちょっとアバンギャルドなCMばかりですけど、1980年代の頃まではダンディーの代表じゃありませんでした? マンダム CM (1970年) チャールズ・ブロンソン 男の世界…

岐阜のブックカフェで、ちいさなちいさな王様と出会いました。

所用で岐阜へ行った時にブックカフェを見つけ、 そこでコーヒーをいただくことにしました。 喫茶ヨジハン文庫 というそのカフェは、外観は一昔前にどこの街でも見かけたちいさな本屋の佇まいで、それが逆に目を引きます。 いやはや、この外観は羨ましい。 見…

スケバンは当時のアンチクライスト・スーパースターだった?

「おまんら、許さんぜよ!」 スケバンというと、個人的にはテレビドラマのスケバン刑事がすぐに浮かびます。 しかも2代目。 当時、南野陽子がセリフを方言(土佐弁?)で言うところがインパクトあったんですよね。 まあ、キャラ的には1代目の方が現在でも、…

聞書き遊廓成駒屋とやっとかめ文化祭と消えゆく町

聞書き遊廓成駒屋 聞書き遊廓成駒屋は、名古屋市の大門にあった中村遊廓の、今はなき成駒屋を舞台にしたルポです。 著者の神崎さんは当時、民俗学の先生をされていたのかな? 神崎さんがある日、名古屋駅での待ち合わせ時間までの間にぶらぶらと散策していた…