ストレイバード はぐれ鳥の止まり木

瀬戸市の読書コミュニティスペース ストレイバードの日記です。主に昭和の微妙な本、珍本、奇本を中心に紹介しています。

[仕事文脈vol.12]社会人は、お金と信用について一度は必ず悩むよね。

f:id:ngyblog:20181024233238j:plain

 

仕事文脈 vol.12

特集『お金文脈』

発行所:タバブックス

発行:2018年5月12日

 

先日の、円頓寺 本のさんぽみちでタバブックスが出店していたので、そこで見つけて購入しました。

 

f:id:ngyblog:20181024235233j:plain

 

 

 

お金と仕事についての特集だったので手に取ったわけですが、現在、世の中の仕組みというか、価値観がどんどん変わっていっている中で、それでも多くの人がお金についてどこかで気を揉んで生きているわけです。

 

それは、ボクのような一匹オオカミ的にカウンセラーなどのお助け業をしている人や、ライターなどのクリエイティブ業をしているフリーランスだけが悩んでいるというわけではなく、正社員として働いているサラリーマンや、それを雇っている社長さんだって、お金のことが頭から離れない人はたくさんいます。

 

お金のことで悩んでいない人なんて、信用でいくらでも仕事は作れる、常に講演を依頼されるような、ホリエモンさんや西野さんのような、顔写真を見ていると大型エンジンがブイブイと鳴り響いているのが聴こえてくるような、いま旬の人くらいじゃないでしょうか?

 

 

いま旬な考え方

 

そんな『いま旬』な人が言うことといえば、

「信用を高めれるのが先。信用が高ければお金はついてくる」

的な話です。

 

それはものすごく正しい、とボクも思っています。

 

でも、その信用の中身はというと、その言葉が指す純粋な意味と一致しない部分があるような気がします。

 

いや、もしかしたら本当にそんな『気がする』だけなのかもしれませんけど。

 

たとえば、gooの辞書で検索するとこんな感じです。

https://dictionary.goo.ne.jp/jn/115845/meaning/m0u/

各自、読んでくださいね。

 

これが信用という言葉が本来持つ純粋な意味だとすると、最近の信用は『この人なら楽しませてくれる』というニュアンスが含まれているような『気がする』んです。

 

もちろん、これはオーディエンス的な一般ピーポーが『その人』を信用していると言ったときに含まれる期待や救いのことで、実際にお金を払いたい、応援したいと思って実際にアクションする人が心に持った信用は本来の意味どおりだと思うんですけどね。

 

また、実際に応援する人が『この人は面白いから応援しよう』と金銭面で支援する場合でも、やはり一般ピーポーとは求める見返りのレベルが違うんじゃないでしょうか。

 

 

という感じで、『信用』というものの性質を考えてみたのですが、この信用というやつを高めるのが簡単そうでなかなか上手くいかないから、けっきょくのところ、みんなお金のことで悩むわけです。

 

 

出店して気づいた2つのヒント

 

でも、1つ「これはヒントかもしれないな」という経験から考えた推測をお話ししたいんですよ。

 

それは、本のさんぽみちでの経験なのですが、出店が終わってから気づいたことが2つあるんですよ。

 

1つめは、

繰り返すことによってできる信用

初出店に近いボクの場所には、人だかりなんて一度もできませんでした。

 

f:id:ngyblog:20181024234106j:plain

 

やっぱり経験を積んでいる人の並べ方は、棚ひとつ見てもカッコよくて、折畳みコンテナ2つを並べていただけのボクとは人の集まり方が段違いでした。

 

その姿からは、出店するたびに見せ方と品揃え、値段付けなどを工夫して、来場者に安心感をもってもらう『店としての信用』が見えました。

 

もちろん、何度も出店していると来場者の中には「あ、またあの人がお店出してる!」と何度も目にすることによってできた親近感を持つ人も出てくるでしょうね。

 

 

2つめは、

その人のキャラクターから持たれる信用
 

これはボク自身が経験したことです。

 

今回の出店では、心理系、ビジネス系、サブカル系など、いろいろなジャンルを織り交ぜて持って行ったんですよ。

 

その中で、一番売れたジャンルは河合隼雄さんなどが書いた心理系の読み物でした。

 

その理由はなんだったのか?

思い返してみたのですが、理由は簡単でした。

 

ボクがカウンセラーの立場として、本の説明をしたことなんです。

 

まず、カウンセラーが並べている本として、心理系の読み物は納得しやすいですよね。

 

なんというか、本を説明する人と本がマッチしている。

 

あと、社会人時代、コミュニケーション力をつけたいと思い勉強をし出してから、なんだかんだで一番読んだのがカウンセリング関連の本だったので、来場者が手に取った本がどんな気分の時に読むとちょうどいいか?など説明もすらすらできるわけですよ。

 

すると、何が起きるか?

 

100円や200円という価格ではなく、ボクがその本の内容に見合っていると思うそれなりの値段でも買ってもらえるんですね。

 

これって、『信用にお金を払っていただけた』ということじゃないですか?

 

 

それの価値はどこに?

f:id:ngyblog:20181024234801j:plain

 

それ以外の考え方でも、『物の原価から見える価値』より、『物に内包された情報の価値』の方が高いと考える人も増えてきていますよね。

 

いちごの入ったショートケーキが1カット500円、シフォンケーキの中身はほとんど空気みたいなもの1カットに生クリームを挟んでも500円。

 

でも、ショートケーキじゃなくてシフォンケーキを選ぶ人がいる。

 

同じように、250ページで1500円の本、15ページで1500円のZINE。

 

やっぱりZINEを買う人がいる、という事実があるわけですよ。

 

 

これは、例えば、シフォンケーキなら使った小麦粉が無農薬とか、アレルギーの人でも食べられるように米粉を使っているなど、素材にこだわりがあるものに価値を感じる人がいます。

 

また、シフォンケーキを作った人が、それを作るようになった経緯に共感するというパターンもあるますね。

 

 

ZINEならば、以前紹介したコンドーム自販機の情報に特化したり、最近話題になったドライブインのZINEのようにドライブや旅先にある、ごくごく絞られた狭い分野の情報に特化すると、それが好きな同志には価値がありますよね。

 

 

straybird.hatenablog.com

 

 

同志でなくても、その視点や偏愛に共感したり面白いと思った人が買ってくれることもあります。

 

そのような、素材や狭い世界へのこだわりへの共感も、広い意味では『信用』なのかもしれませんね。

 

 

信用の本当の価値は?

 

でもね~・・・

 

そうなんですよ。

たとえ好きなことに夢中になったとしても、誰もがそこまで『信用してもらえる』ところまでたどり着くわけではないんですよね。

 

『信用』まで行き着くには、ある部分、いやかなりの部分で『運の要素』が関わってくるんです。

 

でも、『運の要素』が多く関わってくるのは、『短期間で信用される』場合です。

 

『運の要素』は、実は時間をかけることでかなりの割合で下げられます。

 

それは、多くの人が納得できると思うのですが、会社で任された仕事に実直に向き合い続けた人は、どんな人でも10年後には周りから仕事のことで相談されるようになりますよね。

 

f:id:ngyblog:20180907120153j:plain

 

ただ、その『信用の価値』が会社の中では想像以上に低いんですよね。

 

その影響が、会社の外の世界にも広がっているのが現在の日本社会だと思うんですよ。

 

その価値観は、戦後から義務教育にも織り込まれて広められた価値観と繋がっているので、実は一番ガチガチに根づいていて、変化し続ける世の中でも変わるのが一番遅いものなんだと、ボクは思っています。

 

その中で、会社の外の世界へ飛び出した人、最初から会社には入らないと決めた人にとって優しい社会に少しでも早く変えるためには、もしくは厳しい社会の中でも生き残るためには、まだまだお金について考えなければならないんですよね・・・

 

できることなら、みんなで知恵を出しあって支え合うのがいいんじゃないかな?

 

f:id:ngyblog:20180806224522j:plain 

 

ただし、みんなで支え合うにはそれぞれに『信用』が築けている必要があるのかもしれないですけどね・・・

 

この本を読んで、そんな『信用』のことを考えさせられました。

 

 

 

仕事文脈 vol.12

仕事文脈 vol.12

 

 

 

straybird.hatenablog.com

 

 

straybird.hatenablog.com

 

にほんブログ村 本ブログ 本・読書情報へ
にほんブログ村

 

ストレイバードは円頓寺本のさんぽみちで会えますよ〜。

f:id:ngyblog:20181011225155j:plain

 

さん、サンサン、さんぽみち〜〜〜♪

 

 

円頓寺商店街って知ってますか?

 

名古屋駅から15分ほど歩いたところにある、近ごろ名古屋の人気スポットになっているところです。

 

f:id:ngyblog:20181011225226j:plain

 

その商店街で、10月20日(土)〜21日(日)

円頓寺 本のさんぽみち』

というフリーマーケット形式の古本市が開催されるんですよ。

最近流行りの、一箱古本市のようなイベントです。 

 

その古本市に、ボクも出店させていただくことになりました!

 

屋号はこのブログと同じ、『ストレイバード』です。

 

f:id:ngyblog:20181019221953j:plain

この絵を目印に探してくださいね! 

 

いや〜、イベントに出店するのは本当に久しぶりで、

どんな出会いがあるか?

今からワクワクしています!

 

出店者同士の出会いはもちろん貴重な経験ですけど、

やっぱり、お客さんとの面白い出会いは魅力的ですよね〜。

 

これを読んでくださっているあなたも、よかったら散歩がてらボクに会いにきてください。

 

商店街をブラブラしてもらえるだけでも、盛り上がりますから。

 

hon3pomichi.localinfo.jp

 

円頓寺商店街について

ちなみに円頓寺商店街ですが、最近書籍になったのは知っていますか?

 

 

名古屋円頓寺商店街の奇跡 (講談社+α新書)

名古屋円頓寺商店街の奇跡 (講談社+α新書)

 

 

この商店街は、ほんの数年前までは高齢化や最寄りの駅から比較的離れていることもあり、人のほとんど歩いていないシャッター街になっていました。

 

そんな状態から、人が着たくなるような数々のイベントやまちづくりを進めた結果、現在では商店街復活のモデルケースのような場所になっています。

 

f:id:ngyblog:20181011222139j:plain

 

七夕の季節になると、アーケードの中に様々なハリボテが吊るされます。

 

名古屋の昔の風景写真を見ると、七夕にハリボテを吊るすのは多くの商店街で行われていたようですが、現在見られるのは円頓寺商店街くらいじゃないでしょうか?

 

f:id:ngyblog:20181011223152j:plain

 

え?なんか怖い?

 

ナイト・オブ・ザ・リビングデッドの1シーンみたいだって?

 

いえいえ、もちろんこれは制作途中のハリボテですから。

シュールな光景ではありますけど、制作途中ですから!

 

 

散歩に向いている理由

ちなみに、円頓寺商店街が散歩に向いている理由は、いいところが隣接してあるからなんですよ。

 

一つは、四間道(しけみち)という古い蔵などが残る町並みがあることです。

 

ここは、散歩するだけでも楽しいですが、古い町並みに溶け込むように新しいカフェやレストランがオープンしているんです。

 

だから、昼間も楽しいですけど夜来ても美味しいお酒が飲めますよ。

 

icotto.jp

 

もう一つ、円頓寺商店街のそばには問屋街があり、菓子問屋やおもちゃ問屋が並んでいるんです。

 

ボクは毎年、おもちゃ問屋まで足を運んで国産の花火を購入しています。

やっぱり花火は国産がいいですよ。

特に線香花火は、気品が違います。

 

 

というわけで、秋のブラブラ散歩にぴったりな円頓寺商店街で開催される古本市、

円頓寺 本のさんぽみち』

ぜひ、遊びにきてくださいね。
おしゃべりしましょう〜。

 

まとめ

『円頓寺 本のさんぽみち』

日時

2018年10月20日(土)〜21日(日)

10:30〜16:00

屋号ストレイバードで出店しています。

ビジネス系とサブカルチャー系の古本などなど。

福袋も用意しましたよ!

 

f:id:ngyblog:20181019221953j:plain

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

心霊写真についてすごく真面目な研究書[心霊写真は語る]

心霊写真は『どういう道のりを経て』人の前に現れるのか?

を多角的な視点で考察した研究書です。

 

 

 

f:id:ngyblog:20180925221604j:plain

心霊写真は語る

編著者:一柳廣孝

発行所:株式会社青弓社

初版発行:2004年8月20日

 

 

 

 

そうなんですよ。

 

この本は、心霊写真の真贋を議論したものではなく、心霊写真が人間のどのような心理作用や脳機能の癖、さらにはメディアの誘導によって、『それ』を心霊と認識するのか?

という部分を真剣に研究した論文集のような本なんですねえ。

 

著者を見ていただけば、いかに真面目な本か、わかっていただけるかと思います。

 

[著者]

一柳廣孝 1959年生まれ。

横浜国立大学助教授専攻は日本近代文学、文化史

 

前川修 1966年生まれ。

神戸大学助教授専攻は芸術学、写真論

 

長谷正人 1959年生まれ。

早稲田大学教授専攻は映像文化論、社会学

 

小泉晋ー 1969年生まれ。

岐阜聖徳学園大学講師専攻は臨床心理学、臨床死生学

 

奥山文幸 1955年生まれ。

熊本学園大学助教授専攻は日本近代文学

 

吉田司雄 1957年生まれ。

工学院大学助教授専攻は日本近代文学、文化研究

 

今泉寿明 1955年生まれ。

精神科医

 

戸塚ひろみ 1951年生まれ。

日本口承文芸学会会員・日本民俗学会会員専攻は民俗学、口承文化論

 

小池壮彦 1963年生まれ。

作家。世相史に関するルポ・著作を発表

 

ね?

写真の先生から心理学の先生、さらには民俗学ルポライターまで、あらゆる分野の人たちがそれぞれの専攻の視点から心霊写真を分析しているんです。

 

そして、みなさん学者だから基本的には霊というものに対して冷静で一歩引いた基本姿勢から分析しています。

 

それは当然なんですね。

 

 

記録が残る心霊写真史

f:id:ngyblog:20180531011536j:plain

 

 

例えば、写真史を勉強している人にとっては世界初の心霊写真がいつどこで誰によって作られたのか、記録がちゃんと残っていますし、心霊写真を作っていた人がどうして逮捕されたかも、一般常識がある人は「そりゃあ捕まるわなあ」と冷静に判断できる理由とともに記録として残っているんですよ。

 

そして、現代人なら一目で合成だとわかるような昔の心霊写真が、実は遺族を慰めるものとして『作られた』ものだったという事実も、大衆メディアでは隠されているだけで、探せばちゃんと記録が残っているんです。

 

昔は、居間や寝室に家族写真のように飾るものだったんですよ。

 

それがいつか、欲に駆られてか求められてか、親族ではなく妖精や口からエクトプラズムが出ている写真を作り出せば、逮捕されることもあるでしょう。

 

現代だって、有名女優のエロコラ写真を個人で楽しむ目的を超えて販売しちゃったら、おそらく逮捕されるでしょ?

 

まあ、罪状は違うと思いますが、悪質な偽りで商売すると捕まるのは今も昔も変わらないですよね。

 

とにかく、昔の心霊写真は写っているのが親族、妖精にかかわらず、どちらかというと『めでたいもの』だったんです。

 

それが、ある時期を境に『怖いもの』に変わっていくんです。

 

 

娯楽のために都合よく解釈された記念写真 

 

本書のp.106を抜粋します。

小池壮彦によれば、心霊写真を不吉なものだとする認識が成立したのは一九六五年(昭和四十年)以降のことである。それまでは心霊写真を縁起のよいものと捉えて、保管しておく風潮とみられたという。

 

みなさんもよく知っているとおり、日本でも心霊は怖いものということを前提にして流布してきたのは、近所のお坊さんでもなく、おじいちゃんおばあちゃんでもなく、スポーツ新聞や週刊誌などの紙メディア、そして今も昔も変わらず特番を作り続けているテレビですよね。

 

たぶん、メディアが大々的に流布した後に、日常社会の中で『見える』人が現れて、そこに見えないものに対する大衆心理が働いて・・・

と、色々な要素が重なりながらリアリティを増していったのでしょう。

 

f:id:ngyblog:20180925230718j:plain

 

 

霊が見えるという人は嘘つきか?

 

ちなみに、カウンセリングでは霊が見えるという人を否定しません。

 

その人が見えるというのなら、それは見えているんですから。

 

見えていることを否定するのではなく、見えている霊が訴えていることを丁寧に聴きながら、その裏にある理由や意味を見つけていくんですね。

 

だって、霊が見えることには別に善悪があるわけではないですし、その人の内面を表出する手段かもしれないわけです。

 

そもそも、あなたが見えている景色が隣にいる人も同じように見えているとは限らないんですよ。

 

そして、それは聴こえているものも、口に運んだものの味も、全く同じとは限らない。

 

なにせ、共感覚者という、聴こえる音に重なって形や色や感触を感じる人が実際にいるんです。

 

その場の空気感や雰囲気に人や動物のような姿や感情が重なって見える人がいても、ぜんぜん不思議ではないでしょう?

 

f:id:ngyblog:20180911183513j:plain

 

そういうことを知ってか知らずか・・・

たぶん、ほとんどは知らずにでしょうけど、当事者の苦しみをよそにエンターテイメントに利用されてきたのが、人の顔に見えなくもない岩陰や木々の茂みが写った写真たちです。

 

 

霊は怨念か意識高い系か、はたまた・・・

 

心霊写真は皮肉にもむしろ、写真は化学であって工学であるということを、写真を勉強する者に対して証明してしまうんですよね。

 

でもそれ以前に、心霊の写り方ってちょっとサービスが良すぎると思いませんか?

なんだか、これ見よがしにゾッとさせる表情とか、足だけ消すとかしてくるじゃないですか。

 

心霊写真の次の世代とも言える怖い映像に出てくる心霊も、静止画から動画に合わせて見せ方を工夫してきています。 

 

心霊ってある意味、そうとう意識の高いフォトジェニックですよねえ。

 

f:id:ngyblog:20180925230908j:plain

 

そうそう、本書では映画『リング』の貞子というトップスターについても言及されていますが、この章に関してはジャパニーズホラーファンも必読です。

 

四角い枠の中に存在する心霊写真が、鏡の中に感じる異世界感と源流は同じではないかという考察などを読んでいると、心霊を信じていない人でも1枚の写真から感じるものがこれまでよりも豊かになっていくでしょう。

 

なぜなら、写真は鏡のような存在でもあるのですから。

 

 

 

蛇足ですが・・・

 

ボクが大学で写真の講義を受けていた時、教授が心霊写真について話をしたことがあったんですよ。

 

その教授は当時、警察からの依頼で防犯カメラの映像を解析したりするくらい写真や映像技術のスペリャリストだったんですね。

 

その教授が、

「世の中の心霊写真と呼ばれるものは、97%は一目で偽物だとわかる。

 

だけど・・・

 

たまにどうしても説明がつかないものも、あるんだけどね。」

 

と言っていたのを思い出しました。

 

信じるか信じないかは、あなた次第です。

 

 

 

 

 

心霊写真は語る (写真叢書)

心霊写真は語る (写真叢書)

 

 

 

straybird.hatenablog.com

 

 

straybird.hatenablog.com

 

にほんブログ村 本ブログ 本・読書情報へ
にほんブログ村

 

 

 

アイドルとプロレスには読み込みが必須なのです。

f:id:ngyblog:20180907112313j:plain

 

アイドルとプロレスは、むしろ読んで楽しむものです。

 

 

 

みなさんは、IDOL AND READという本、知ってますか?

 

IDOL AND READ

IDOL AND READ

 

 

最近、アイドルをテキストで紹介する本が結構出ているんですよ。

 

インタビューなどを通じて、曲やグラビアでは見えないアイドルの内面を見せていく、文科系的アイドル表現方法とでもいいましょうか。

 

アイドル文化がサブカルチャー化する過程で、アイドルをこれまでとは違う視点で切り取る方法が、ほとんど文字だけで構成された雑誌というのはすごく面白いですよね。

 

ボクはこの雑誌と、ほぼ文字で構成されたプロレス雑誌、KAMINOGEが好きです。

 

KAMINOGE 80

KAMINOGE 80

 

 

どこに魅力を感じるんだろう?

 

カメラでピントがビタッと合って会心の写真が撮れるかのように、アイドルもプロレスもライブや試合までに起こる挫折や遺恨の物語の輪郭がファンの中でクッキリとすればするほど、本番は『エモく』なるわけです。

 

つまり、文字ばかりのアイドル、プロレス雑誌は、ファンがライブや試合を観戦しに行くのではなく、参戦するために必須のテキストなわけです。

 

そう!

アイドルのライブもプロレスの試合も、もう観戦するものではなく、参戦するものなのです。

 

 

 

でも、面白いと思いませんか?

 

可愛さを愛でる対象であったはずのアイドルが、

 

肉体のぶつかり合いを見て興奮していたプロレスが、

 

現在は、そのライブ、その1試合のバックグラウンドに流れる物語、

 

あの子がアイドルを目指した理由とそれまでの生い立ち、

 

メンバーが突如引退してしまってからの葛藤、

 

プロレスラーがチャンピオンに噛み付いた裏にある物語、

 

それをあらかじめ知っておくことによって、長い時間軸で複雑に楽しみ続けるエンターテイメントに進化しているんですよ。

 

 

アイドルの世界

f:id:ngyblog:20180907120652j:plain

 

グループによっては、アイドルのライブ会場には中年と女性ファンがすごく多いんですよね。

 

そんなファン層が増えた理由は、アイドルとの距離感が変わったからでしょう。

 

早見優や全盛期の酒井法子などが活躍していた、ひと昔前のアイドルはプロフィールから休日の過ごし方まで全てがファンタジーで塗り固められていました。

 

「好きな食べ物は?」と聞かれたら「いちご」と答えるやつですよ。

 

それが、最近は年齢や趣味を正直に答えるアイドルが非常に多くなったんですよね。

 

ボクはアイドルに関してはすごく偏った知識しかないので、ディープなところまではわかりませんが、アイドル戦国時代を声高に叫んで一気にブレイクを果たしたももいろクローバーZは、好きな食べ物をスルメなどのお酒のつまみのような、男女問わず「やっぱりそれって美味しいよね!」と共感したくなるものを挙げ、実際に美味しそうに食べたわけです。

 

そして、決してうまいとは言えない歌唱力で歌いながら全力で踊ることで、見ている人に『エモい』と言われる感情を引き起こしてファンを増やしていったんですよね。

 

でも、ももいろクローバーZは、実は共感を引き起こしてファンを増やしたわけではないと思うんですよ。

 

どちらかというと、全力と無邪気さで、まるで自分の娘か妹のような親近感を生みだしてファンを増やしたんだと思います。

 

蛇足でいうなら、1万人以上の大きな会場を満員にできるようになってからは、ゲストにさだまさしを代表とする大ベテランと共演させることによって、ももクロを孫のように感じる初老以上の年代まで認知度を拡げていますよね。

 

ということは、場合によっては露悪的に見えるようなぶっちゃけかたはさせていません。

 

ということは、ももクロは現在『エモい』と言われるアイドルとは別の系譜でしょう。

 

f:id:ngyblog:20180907120749j:plain

 

では、現在の『エモいアイドル』像を作ったのは、どのグループだと思いますか?

 

ボクは、でんぱ組.incとBiSじゃないかと思っています。

 

この2つのグループは、毛色はかなり異なるのですが、どちらもコンプレックスと挫折した過去を隠さず発信することでアイドルであるにも関わらず人間くささを共感力に変え、同じような悩みを持つ人たちをファンにしていったんですよ。

 

ただ、でんぱ組.incとBiSでは、発信する内容とその後の展開が逆方向といってもいいくらい違います。

 

でんぱ組.incは、引きこもりだった過去などを発信し、途中のグループとしての挫折も隠さず語ることで、ファンはそんなメンバーと一体になって頂点を目指す!

みたいな感じになっていった、はず。

 

 

一方のBiSは、挫折が過去というよりは現在進行形で展開していく感じで、ご存知の方も多いと思いますが話題になるのなら裸でも喉ちんこでも、メンバー同士のいざこざでも公開して知名度を上げ、曲を聴いてもらう戦略をとったグループです。

 

どちらのグループも、実は曲がいいということが伝わって従来のアイドルファンだけでなく、ロックやパンクのファンを新たに開拓していったところに特徴があります。

 

特にBiSは、曲がアイドルファン以外も受け入れやすい良曲ばかりな上に、プー・ルイという依存のアイドル像をぶっ壊す破天荒なキャラでありながら歌うとエモさが爆発するというリーダーのおかげで、ライブも既存のアイドルとは別物の破壊力がありました。

 

現在、ロック色を強く押し出してライブでも絶叫したりダイブをするアイドルグループが増えましたが、これこそBiSが開拓した、可愛さは二の次にした『エモいアイドル』というジャンルが根付いた証拠でしょう。

 

余談ですが、新生BiSの姿を見ていると、『エモい』と『アツい』は似て非なるものなんだな、ということがわかるというか、一部のメンバーにそろそろわかってほしい・・・

 

 

ちなみに、BiSがどんな戦いをしていったのかを知りたい方は、OTOTOYのインタビューは必須です。

ototoy.jp

 

 

プロレスの世界

 

f:id:ngyblog:20180508015241j:plain

 

さて、プロレスについては30年くらい前のボクが高校生の頃は、正直に言って観客は粗暴な人が多かったですよ。

 

ファンでごった返したグッズ売り場の前で、肩がぶつかったからって罵声を浴びせてきたり、リングに物を投げ入れたりする人、本当にいましたからね。

 

でも、現在はご存じの方も多いでしょうがリングサイド席には若い女性が多いし、男性客もマナーのいい人が多くなったように思います。

 

プロレスにマナーのいい観客が増えた理由はアイドルとは逆で、何でもありからイメージの絞り込みへのシフトが成功したんだと思います。

 

そして、成功した理由はやはり、新日本プロレス棚橋弘至さんの影響が大きいのではないでしょうか?

 

棚橋さんは、プロレスがリングスやK-1などの格闘技人気に追いやられて影が薄くなってしまった、いわゆる『プロレス冬の時代』に、プロレスの定義をし直した人だと思うんですよ。

 

格闘技ブーム以前のアントニオ猪木が築いたストロングスタイルは、力道山の頃の日本人が外国人を倒すというカタルシススタイル』から、空手や柔道、果てはプロボクシングの象徴とも言えるモハメド・アリとの異種格闘を展開するに至る『プロレス最強ビリーバースタイル』への拡大定義でした。

 

あえて拡大定義としたのは、『カタルシススタイル』と『プロレス最強ビリーバースタイル』のどこが違うのかを考えると理解してもらえると思います。

 

 

カタルシススタイル期

 

この頃の庶民がプロレスに求めたものは、敗戦の悔しさと欧米人に対するコンプレックスに対する憂さ晴らしでした。

 

まだテレビがそれほど普及していなく、街頭テレビなんていうものがあった時代で、一般庶民の持つ情報量、つまり知っている世界がまだまだ狭かった時代では、『日本人=自分達』が『欧米人=超えられない壁』を倒すことでカタルシスを感じるための舞台としては、プロレスのリングという限定された世界だけで十分でした。

 

 

プロレス最強ビリーバースタイル期

f:id:ngyblog:20180907120153j:plain

 

しかし、そのスタイルも高度成長期になりバブル時代を頂点に役目を終えます。

 

なにせ、高度成長期に入ると総中流社会と言われるくらいみんなが豊かになっていき、テレビや自動車が一家に一台あるのが当たり前になっていくと、「俺たち結構すごいんじゃない?」といった感じで自己肯定感も上がっていきました。

 

そして、1989年には三菱地所がニューヨークのロックフェラーセンターを買収するという、最大のカタルシスを経験したんです。

 

このように、バブル時代は日本人から敗戦によるコンプレックスを消し去ってしまったので、プロレスファンは日本人が欧米人を倒してもカタルシスを感じなくなったんですね。

 

実際に、1980年前後には「プロレスなんて八百長だろ?」という風潮が起こり、プロレスラーの強さを疑う人が増えていたようです。

 

そうなると、プロレスも庶民の感覚に合わせて次のステージに進む必要がありますよね。

 

そこでアントニオ猪木が発明したのが、異種格闘技だったわけです。

 

強さを証明するのにこれほど分かりやすい方法はないですよね。

 

なにせ、他の格闘技と実際に戦って勝敗をつければいいわけですから。

 

しかもこれって、子供から大人までプロレスが少しでも好きなら一度は妄想したことがあるじゃないですか?

 

「猪木とアリが戦ったら、どっちが勝つんだろう?」

 

「プロレスラーはタフだから、ボクサーのパンチなんか効かない!」

 

「ボクサーはバックドロップなんて経験したことがないだろ」

 

「いや、プロレスラーにはボクサーを捕まえることすらできない!」

 

「ボクサーのジャブは避けられない!」

 

「いや、でも、、、、」

 

と頭の中で延々と続く妄想にニヤついていたことがあるのは、ボクだけではないはず!

 

 

f:id:ngyblog:20180907120932j:plain

 

 

再び冬の時代へ・・・

 

そんな、妄想の中でしか実現しなかった対戦が現実になったんですから、それはみんな食いつきますよね。

 

そんな夢の実現でプロレス最強伝説を作っていたはずが、K-1やPRIDEによって躓き始めます。

 

プロレスが総合格闘技の大会に参加しだしてから、雲行きが怪しくなったんですよね。

 

割と負けることが多くて、再び最強を疑い出す人が増えだしてプロレス人気が陰りだしたんですよ。

 

そして、プロレスに失望して一気にファンが離れる原因になったと思われる試合が、高田延彦VSヒクソン・グレイシー戦じゃないですか?

 

あれで、プロレスファンが最強を信じられなくなった。

 

というか、夢から覚めて「プロレスは強い!」と言えなくなってしまった。

 

これはもう、プロレスが死んだといってもいい出来事だったと思います。

 

ですから、そこからもう一度プロレスの存在意義を作り直すのが難しく、それこそツンドラ級の冬の時代に突入してしまったんですねえ。

 

 

そして太陽は立ち上がった

 

実際に観客が大幅に減り、コアなファン以外は見向きもしなくなった中で、もう一度プロレスに熱狂してもらうために戦っていたのが棚橋弘至その人だったんです。

 

棚橋弘至がプロレスを再定義するために参考にしたのは、仮面ライダーや漫画の世界のヒーロー像だと思います。

 

f:id:ngyblog:20180827224313j:plain

 

 

ビジュアルも技も派手で、とにかくわかりやすい格好良さを見せていった。

 

ヒーローには欠かせない、キメポーズも作った。

 

会場に来てくれたファンに、ど直球で「愛してまーーーす!!」と叫んだ。

 

プロレスをPRできるなら、バラエティ番組でもイベントでもどんどん出た。

 

そうしているうちに、強くてカッコいいプロレスラーは新たなファン層を開拓したんですね。

 

それが、過去にはほとんどいなかった一般女性なんです。

 

昔は、プロレス会場にいる女性といったらヤンキーかキャバクラで働いているっぽい派手な人しかいなかったですよねえ。

 

それが、現在のプロレス会場は、リングサイド席におしゃれなファッションをした普通の女性がたくさん座っています。

 

そんな会場の異変をテレビ番組などが取り上げて、「あれ?最近のプロレス、どうなってるの?」と興味が湧いたオールドファンがまず食いつき、次いで「若い女性が夢中になっているプロレスって何?」と様子を見ていた過去にプロレスをほとんど見たことのなかった人たちが、派手でかっこいいアクションの技に魅了されてファンになっていったんでしょう。

 

もっと言うと、いざプロレスを観出すと、本来はヒールであったはずが、実はスウィーツ好きと言う激しい高低差の魅力を持つ真壁刀義選手など、ハッキリとしたキャラクターを持った選手がたくさんいて、ストリートファイターのキャラクター選択のように棚橋選手以外にも自分に合った選手が選べたんですよ。

 

つまり、「プロレスは最強か?」を追求する世界から、新たなファンを開拓することによって「ヒーローたちが強さを競う」世界にシフトチェンジしていったんです。

 

そうやって、棚橋選手を中心にプロレスは新たに『みんなのヒーロースタイル』として再定義することに成功したのでした。

 

一方で、新日本プロレスの選手を中心に、ストロングスタイルを放棄したわけではないんです。

通好みの攻防も健在なので、プロレス通も十分楽しめる試合になっているんです。

 

それを証明したのが、天龍源一郎選手の引退試合の対戦相手をしたオカダ・カズチカ選手じゃないですかねえ。

 

 

これも余談ですが、棚橋選手は現代プロレスの象徴と言うだけではなく、過去に付き合っていた女性に刺されるという事件を起こしているので、そういう意味では力道山の後継者といってもいいかもしれません?

 

 

こうして日本はエモくなってゆく

 

こうやってヒーローたちの世界を気づくことで、プロレスもアイドルと同じような『エモい』場を作り上げていることができているんだと思います。

 

そして、どちらも『エモい』から現場に参戦したくなるし、語りたくなるんですよ。

 

f:id:ngyblog:20180907115856j:plain 

 

日本の文化は、どんどんサブカルチャー化していってるんでしょうね。

 

楽しみ方が、今後ますますマニアックになっていくのでしょう。

 

仕事も趣味もきっと、この発想が大切になっているんだと思います。

 

 

 

straybird.hatenablog.com

 

 

straybird.hatenablog.com

 

 

straybird.hatenablog.com

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

渡辺淳之介:アイドルをクリエイトする (MOBSPROOF EX)

渡辺淳之介:アイドルをクリエイトする (MOBSPROOF EX)

 

 

 

これは真実の話なのだろうか?[秘境の女 4 ハレム潜入記]

f:id:ngyblog:20180824230504j:plain

 

こういう本との出会いがあるから、古本屋に行きたくなるんだよね。

 

秘境の女 4 ハレム潜入記

著者:C.サイクス夫人

翻訳:清水正二郎

編者:秘境調査協会

発行所:難波書房株式会社

初版発行:昭和42年(1967年)3月5日

ただし、発行年月日は初版発行日か不明

 

f:id:ngyblog:20180824230627j:plain

 

 

 

フィクション?ノンフィクション?

 

この本、謎なんですよ~。

 

何が謎かというと、思わず一気読みしてしまうくらいメチャクチャ面白いんですが、内容が本当のことなのか、おばあさんの妄想なのか、それとも小説家が語り口調で書いた作り話なのか?

というところがよくわからないんですよね。

 

 

本書のはじめに的な部分によると、

C.サイクスという名はロンドンに移り住んでから名乗った名前で、元々はヨーロッパ生まれでエジプトのハレムに嫁いでからはジヤビタン(ジャビタン)妃殿下と呼ばれていた。

ようなのですが、検索してもアクマイザー3のリーダー、ザビタンしか出てこないんですよね。

 

さらに、彼女の父親はドイツ・オーストリア帝国の伯爵、ヨーゼフ・オン・ツエンドリク伯爵、母親はウィーンの国立オペラ劇場の女優、ソフイヤ・リリエ嬢だというのですが、やっぱり検索しても出てきません。

 

本書のテキストは、アメリカのフイラデルヒヤ州囲書館にある。(原文ママ

とあって、1955年に出版されたものの忠実な翻訳なんだそうな。

 

ちなみに、この本は『秘境の女』シリーズ全10巻の中の4巻目で、まあ胡散臭いといえば胡散臭い本です。

 

ちなみに全10巻のタイトル全ても記載しておきましょう。

 

シルクロードの美姫 M.タイクマン夫人

コーランの女達 W.ホーファー嬢

③八千米の秘密 F.カマル嬢

④ハレム潜入記 C.サイクス夫人

⑤黒い女奴隷 A.ウイリヤム夫人

⑥山高帽の娘 G.ベルトラン夫人

⑦割礼の秘境 E.スチュアート嬢

⑧スフインクスの情熱 W.ムアーヘッド嬢

⑨浜辺の踊り子 Y.メルヴィル夫人

⑩食人種の中を行く T.クリストハー夫人

 

八千米ってなに・・・

食人種の中をっていったい・・・

 

正直、全巻揃えたくなるくらい、メチャクチャ気になりますね!

 

 

メチャクチャクレイジーな女性観

 

内容は、サイクス夫人の生い立ちから、エジプトの殿下に見初められハレムに入り、そこでどんな生活をしていたかなどが書かれています。

 

ただ、サイクス夫人の女性観がメチャクチャ危ないんですよ。

 

現代なら炎上必至の女性観。

 

幼少期に、町の悪ガキにお尻をむき出しにされてベルトで打たれた経験から語られるのですが、その部分を引用してみましょう。

 

 

P.23~24から抜粋

今までのあたしはあまりにも自由でありすぎたのです。そして女の子は自由であつてはいけないのです。女には自由は必要ないのです。

むしろ自由は禁物でもあるのです。

女にもつとも必要なのは、きびしい拘束の中で男に哀願し、許しを願い、ぶたれ、苦しめられる生活なのです。その中にこそ、女がもつとも喜ぶ、愛の姿があるのです。

 

 

 

ね、もうメチャクチャでしょ?

生産性がないとかなんとか言って炎上する議員も卒倒しそうな考え方じゃないですか?

 

こういう考え方以外でも、差別的な表現やなんだかおかしな言い回しが満載で、そんなところに時代を感じることができます。

 

また、極端に浮世離れしたそういう描写がむしろ、妙にリアリティを増させる要因になっているんですよね。

 

ただ、さすがに現在は、そのままで再販することはできないだろうな。

 

本当に面白いんですけどね・・・。

 

 

あ、ちなみに本来なら小文字の『っ』や『ェ』などが使われるところが大文字なのは、本書の出版が古いせいか全部大文字で印刷されているからなので、ご了承を。

 

 

原書はもっと長編だったのでは?

 

気になる点があるとすれば、終章の手前の章が唐突に終わるところです。

 

というのも、ハレムを自分の思い通りにするために、古株の女達を売り払い、若い女を20人買って自分の性奴隷に仕立て上げたことが書いてあるのですが、そこから急に80歳目前の老年期に飛んで終わるんですよ。

 

ロンドンに逃げのびるまでの話は、ほんの少し触れているだけで人生の50年分くらいが飛ばされているんですよ。

 

こういうところも、もしかしたら本当にフィラデルフィア州の図書館に原書があるのかもな、と思わせられるんですよね。

 

あと、日本ではたくさんの女性に囲まれることをハーレムと表現することがありますが、本書はハーレムではなくハレムと表記されているように、少し調べた限りではハレムの本来の目的と姿が描かれているようです。

 

これも、日本人がただハーレムを舞台にしたちょいエロ小説を書こうとしたのなら、わざわざリアルなハレムを舞台にしないと思うので、これまたリアリティを感じちゃうんですよ。

 

夫人は若者へ静かに語る

 

終章では、もう直ぐ80歳になるサイクス夫人がロンドンのホテルで、現在の境遇を語ります。

 

夫は20年前に戦死。

 

国は、夫の兄であるアブズル陛下の長男坊がハレムにうつつを抜かしすぎて滅び、百姓上がりの独裁者に支配されてしまった。

 

その中で自分は、今後一切国に立ち入らないことを約束して命拾いしロンドンへ落ち延びることができた。

 

そして、終のすみかとなったロンドンのホテルで、奴隷市で売り払ったハレムの気に食わない50代の女たちよりもかさかさに干からびた自分の皮膚や痛風で曲がらなくなった腰を嘆き、従者どころか友達すら一人もいない自分の姿にため息をつきます。

 

 

f:id:ngyblog:20180824233630j:plain

 

そんな境遇の中で最後、読者に語りかけます。

 

最後を引用します。

お若い方よ。

どうか楽しい毎日を送って下さい。

老いはすぐ目の前なのですから。

 

 

 

さて、この本はハレムで生活したヨーロッパ生まれの女性が語る、真実の体験記なのでしょうか?

 

それとも、ただの小説なのでしょうか?

 

 

もし、古本屋で出会うことができたら、ぜひ一読して欲しい1冊です。

 

 

 

 

秘境の女〈第4〉ハレム潜入記 (1967年)

秘境の女〈第4〉ハレム潜入記 (1967年)

 

 

straybird.hatenablog.com

 

 

straybird.hatenablog.com

 

にほんブログ村 本ブログ 本・読書情報へ
にほんブログ村

 

 

 

レトロの定義ってなんだろう?[コンドーム自販機を巡る旅]

f:id:ngyblog:20180815221544j:plain

 

コンドーム自販機・・・・

それは思春期の青年にとって、街の中で近寄りがたい聖地だった。

 

f:id:ngyblog:20180815221708j:plain

コンドーム自販機を巡る旅~コンドーム自販機もレトロガジェット

作者:ヒラタ

印刷:株式会社 RED TRAIN -ONE BOOKS-

初版発行:2017年3月26日

 

 

 

 

この本を手に取る数日前に、

 

「久しぶりに見た!」

 

と思い、撮影してしまった写真がトップ画像です。

 

自販機を見て数日後にこのZINEと出会うなんて、何か縁を感じちゃいますよね。

 

そんなに大げさなことじゃないって?

 

まあ、そうなんですけどね。

 

レトロガジェットの定義とは?

 

個人的には、副題の『コンドーム自販機もレトロガジェット』という言葉に目が止まったんですよ。

 

著者のヒラタさんは、コンドーム自販機を探すためにGoogleマップで薬局を探しては街を歩いていたそうで。

 

ボクも最近、昭和を感じる建物とか町並みを見るのが好きで、まち歩きをするんですよ。

 

インスタントカメラは最近復活して、若い女性を中心に利用されているようですが、ボク的には一昔前の街角でよく見かけた『プリント特急仕上』の文字のほうにグッときます。

 

f:id:ngyblog:20180815222145j:plain

 

レトロガジェットという狭い範囲に絞ると、何が当てはまるんですかねえ?

 

ちなみに『ガジェット』を大辞林で調べると、

 

ちょっと気の利いた小道具や装置。

 

ということなんですが、なんのことをいうんだろうなあ?

 

例えば、35mmハーフサイズカメラは当てはまる気がするんですけど?

 

f:id:ngyblog:20180815222953j:plain

 

PENTAXのPEN EESです。

ちょっとカスタマイズされてますけど。

 

これは、フィルムも現像代もまだまだ高かった時代に、一般的なフィルムの一コマに2枚撮影しちゃおうという節約的発想のカメラだったんですよ。

 

でも、フィルムの1コマを半分にすると、単純に画質もハーフになっちゃうんですよ。

 

だから、だったのかはわかりませんが、あまり人気が出ずに消えていった規格なんですよね。

 

 

それ以外にはなんだろうな。

 

f:id:ngyblog:20180815223155j:plain

レーザーディスクも、レトロですよね。

 

あとは〜〜〜、

 

f:id:ngyblog:20180815223424j:plain

おでん煮込み用ストーブ。

 

え?別におでん専用じゃないって?

 

f:id:ngyblog:20180815223551j:plain

焼き餅専用七輪は?

 

これも専用じゃないって?

 

でも、これはレトロガジェットじゃないですか?

 

f:id:ngyblog:20180815223807j:plain

麦茶冷やし

井戸の冷たい水で冷やすのに使ったんですって。

 

みにくいアヒルの子なのか?

 

こうやってレトロガジェットってなんだろう?と考えて行くと、著者のヒラタ氏が「コンドーム自販機はレトロガジェットとなかなか認めてもらえない」と言う理由もなんとなくわかるような気がしてきます。

 

なぜなら、コンドーム自販機は『現役の自販機』として小さな薬局の前に鎮座しているのを見ることができるからなんですよね。

 

これが、一昔前はバスの停留所とか地下街のタバコ自販機の横に結構な存在感で鎮座していた『チューインガム自販機』のように、今もし見つけられて、さらに現役で動いているのに出会うことができたら、どんなに話し下手な人でも1時間は盛り上がれる!

 

と言うようなレアモンスターにはまだなれていないからなんじゃないかな?

 

ポケモンGOで表現するなら、

チューインガムの自販機はミュー

コンドーム自販機はピカチュー

みたいな。

 

ピカチューってまあまあ遭遇できるじゃないですか。

でも、遭遇するたびテンションは高めになりません?

 

コンドーム自販機って、そんな存在だと思うんですよね。

 

 

でも、否定しきれない理由があるのよ。

 

ただ、コンドーム自販機はレトロガジェットではない!

と言い切れるわけではないんですよ。

 

理由は2つ。

 

1つ目の理由は、

放置状態の自販機が多いことです。

 

薬局も最近は大型店が増えて、コンドームは大箱で2箱いくらの特価で買えるようになりました。

あと、度胸さえあればコンビニでも買えちゃうんですよね。

 

そう言う環境下で、個人経営の小さな薬局はどんどん閉店しています。

 

そんな薬局の前に鎮座しているコンドーム自販機は、役目を終えて中身が空っぽのまま放置されていることが多いんですよ。

 

もしかすると、今後、Suicamanacaなどのお財布機能付きICカードに対応した自販機も出てくるかもしれませんが、あの閉店した薬局の前で独りぽつんと佇む姿、シンプルすぎる機能は、レトロガジェットと言ってもいいじゃないですか?

 

 

2つ目の理由は、

冒頭の言葉にあります。

 

それは思春期の青年にとって、街の中で近寄りがたい聖地だった。

 

 

 

小学生の頃には、明るい家族計画と書かれた謎の自販機。

 

中学生から高校生までは、薄ら笑いで斜め見するか、じゃんけんの罰ゲーム的存在。

 

大学生以降は、甘酸っぱい思い出。。。

 

ですかねえ。

 

まあ、もしかするとこれらは中年の世代にしか当てはまらないのかもしれませんね。

 

でも、アラフォーやアラフィフにとっては、あの自販機を見るたびに様々な時代の思い出が頭をよぎるんだと思うんですよ。

 

f:id:ngyblog:20180725230841j:plain

 

そんな人生のあらゆる記憶に結びついて哀愁と郷愁を引き起こすコンドーム自販機は、

 

レトロな記憶を呼び起こすガジェット

 

と言ってもいいのではないでしょうか!?

 

 

という感じで、

小さなサイズで少ないページでも、呼び起こす気持ちはでっかいどー北海道なZINE、

コンドーム自販機を巡る旅

なのでした。

 

 

 

 

straybird.hatenablog.com

 

 

straybird.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 本ブログ 本・読書情報へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

本屋ではなくても、あなたが憧れていた仕事を実現させたいなら参考にしたい一冊[これからの本屋読本]

いいよ、いい。

この本は印刷出版業の矜持を感じる。

 

こんなデザイン、今時の印刷会社でよくできたものだ。

まだ、職人気質な社員が残っている印刷会社だったのだろう。

 

コストばかり気にして人材派遣社員を増やし、熟練社員を軽んじてきた会社にはなかなかできない仕事だ。

 

 

 

f:id:ngyblog:20180806215953j:plain

これからの本屋読本

著者:内沼晋太郎

発行所:NHK出版

初版発行:2018年5月30日

 

この本、結構前に読み終えていたんだけど、ブログを書こうとしてもなかなか中身が固まらずにズルズルと時間が過ぎてしまった。

 

その間に、どれだけの回数、冷麦をズルズルしたことか。

 

最近、ボクの中ではラーメンブームが過ぎ去ってしまったため、もっぱらズルズルするのは冷麦が素麺だ。

 

冷麦はいい。

 

どんぶり一杯いける。

 

ちなみに、薬味はしそとミョウガを刻んだものがお気に入りだ。

 

ネギは個人的には風味が強すぎて好きじゃない。

 

どうだ?

 

今日も何を書くか決めきれないまま、冷麦ズルズルについてここまで来てしまった。

 

人生はこんな感じで、やると決めてから、まるでパズルの1ピース目をどれにするか迷うように、なんだか決め手に欠けたままズルズルと時間が過ぎてしまうことなんてよくあることだ。

 

でも、このズルズルとしてしまっている時間の中には、自分の本心が顔を出している。

 

冷麦をズルズルしている時間の中には、麺つゆの鰹と醤油の香りと旨みが顔を出すくらいだ。

 

麺つゆは無意識に美味しさを感じていればいいさ。

 

でも、自分の本心を気づかないフリして、「オレの人生(アタイの人生)美味しいだろ!」

 

なんて言って盲進すると、

 

「サイコーですかー?」

 

「サイコーでーす!」

 

「キャンと言ったらキャンセルできます」

 

と鼈甲メガネに言われているにもかかわらず、キャンセルできない人生に陥るのかもしれない。

 

f:id:ngyblog:20180806223832j:plain

 

ああ、恐ろしい。

 

 

まだ本題に入っていないにもかかわらず、ここまですでに600字近く書いているようだ。

 

いったい、いつまでこのズルズルは続くというのか?

 

冷麦なら、6把分くらいだ。

 

 

どうして冷麦6把分もズルズルとしてしまうかというと、本書に書かれていることが人ごとじゃないからなのだ。

 

小学生の頃、学校で将来の夢を聞かれて答えたのは『花屋』だった。

 

f:id:ngyblog:20180806224522j:plain

 

これには特に理由はなくて、先生から夢を決めろと急かされ、サラリーマンにだけはなりたくなかったボクが苦し紛れに言った夢だったのだ。

 

中学の頃にも先生から、将来の夢を書けと言われた。

 

中学生で夢や目標が決まっていない奴は、ダメな奴だったらしいのだ。

 

でも、

 

いい大学いい会社で死ぬまで安心教

 

というカルト宗教に日本全体が洗脳されていた時代に中学生だったボクは、夢なんて真剣に考えたこともなかった。

 

考え方すら知らなかったと言ってもいい。

 

でも、やっぱりサラリーマンにだけはなりたくなかったボクが出した夢は、

本屋になること

だった。

 

これは、途中で古本屋に心揺れたりしながらも、なんだかんだで今もボクにとって夢を感じる仕事のままだ。

 

そして時は流れ、現在は瀬戸市の味のある建物の一室を借りて、読書が好きな人、本が好きな人がのんびりと読書をしたりお話をしたりできる場を作ろうと、ストレイバードをオープンさせた。

 

f:id:ngyblog:20171015005859j:plain

 

でも、いざオープンさせてみると、なんだか違和感を感じてしまい、とりあえずは仲のいい友達を招き入れるか、毎月20日は他の部屋と合同公開日になっているので、誰でも入れるようにはしている。

 

違和感の正体は、やっぱり、お金の頂き方だ。

 

ストレイバードは正直に行って、すごく狭い。

 

f:id:ngyblog:20171020142355j:plain

 

書籍の数も、意図的にかなり少なくしてある。

 

f:id:ngyblog:20171128231731j:plain

 

でも、人が出会うスペースとしては十分じゃないかな、とは思っている。

 

 

ボクのもう1つの顔は、カウンセラーだ。

 

人生に関すること、研究開発に関すること、その人、その会社が悩みから解放されるきっかけ、気づきに導く役目だ。

 

 

だから、というわけでもないが、本に関わることも一種のカウンセリングととらえている。

 

 

ふらりと立ち寄った本屋で偶然視界に入った本から、半年間考え続けていた仕事の悩みが解決することがある。

 

人生のどん底な気分の時に、偶然手に取った本に励まされて壁を突破するだけの力が湧いてくることだってある。

 

カウンセラーと本の役目って案外、

意図的に気づかせるか、

偶然に任せるかの違いくらいしかないのかもしれない。

 

 

そういう場をオープンする際、一般的なお店と同じように、特定の曜日の何時から何時までは必ず開けるという方法がいいか、それとも予約制にして予約があった時間だけ開ける方がいいか、という部分も考えどころだ。

 

ただ、個人的には重点テーマが、実は、あるのだ。

 

それは、

『好きなことをユルイ発想、ユルイ計画で肩の力を抜いて続けられる社会』

 

f:id:ngyblog:20180806225426j:plain

 

「仕事をナメるな!」

「そんなことで生活できるわけないじゃん、バカじゃないの?」

 

とまだまだ賛同を得られないが、ボクは真剣だ。

 

 

どれだけ否定しようと、近い将来、仕事は減る。

 

経理、製造、営業にいたるまで、人工知能が代わってできる作業と、過去の履歴から予測可能な業務の最適化で、人の仕事は減る。

 

それくらい、少なくともこの20年は、大企業の衰退が物語るように、日本は独自の産業を生み出すのをサボりすぎた。

 

だから、以前なら鼻で笑っていたオタクたちの楽しみを、急にクールジャパンと持ち上げて消費し、観光立国などという言葉でお茶を濁している。

 

そんな日本社会で、いざ人工知能に仕事を奪われて会社から追い出される日が来たとき、とりあえず何をしたらいい?

 

本が好きな人なら、まずは本と関わろうとするんじゃないだろうか。

 

本書は、いずれは本に関わりながら生きてみたい、と考えたことのある人は目を通したい一冊だ。

 

 

長井秀和に言われるまでもなく、

間違いない。

 

 

プラモデルが好きな人なら、本書の後半の章を読むときに、本の部分をプラモデルに置き換えて読むといい。

 

フラワーアレンジメントでも、レコードでも同じように読めば、きっと一歩を踏み出す勇気が出てくるだろう。

 

 

間違いない。

 

 

と、趣味の本に囲まれた部屋の片隅で愛を叫ばず、

万華鏡を作りながら思うのだった。

 

f:id:ngyblog:20180806223301j:plain

 

 

 

これからの本屋読本

これからの本屋読本

 

 

 

straybird.hatenablog.com

 

 

straybird.hatenablog.com

 

 

straybird.hatenablog.com

 

にほんブログ村 本ブログ 本・読書情報へ
にほんブログ村